MENU

好きな人の前では要注意!飲み会でやってはいけないNGとは

お酒が入ると会話も進みますし、普段は口下手だったり人見知りな人でも気軽に話をすることができるなど、絆を深めるにはもってこいのツールです。

 

ところが、好きな人とお酒を飲みに行くのははっきり言って緊張しますので、何かと失敗してしまうことも多くなります。そでれもお酒を飲むことで深まる絆というのはとっても魅力的なので、失敗しないように楽しいお酒になれば、好きな人との距離も近づきます。

 

そこで、どのような事が男性を幻滅させる事につながるのでしょうか?お酒の席で男性を幻滅させるキーワードをアドバイスしていきます。

 

●好きな人の前では要注意!飲み会でやってはいけないNGとは

 

・下ネタで周囲を笑わせようとする

男性同士なら下ネタもOKなのでしょうが、最近では下ネタを堂々と言い合える男女も最近では増えているようです。

 

ところがその飲み会の輪の中に片思い中の彼がいて、彼があなたの事を憎からず想っているとしたら、好意を持っている女性が下ネタでみんなと笑っているのを見るのは、あまり気持ちのいいものではありません。

 

そんなの平気という男性もいますが、男性はどうしても女性に純潔や清潔さを求めてしまいますので、好きな人の前では特に下ネタは控えた方がよいでしょう。

 

・過去の武勇伝を声高らかに話す

武勇伝と聞くと「昔、ヤンチャしてた頃に警察から追いかけられた」など、昔ちょっとばかりワルかったという男性側のアピールとして語られる場合が多いですが、女性の武勇伝というのは主に恋愛関係のモテエピソードの事です。

 

「今年になって2人からプロポーズされた」「1月で3人から告白されたことがある」など、自分のモテエピソードを酒の肴にすることは、あなたの事を好きな男性に聞かせるにはマイナスにしかなりませんので注意しましょう。

 

・自分の仕事自慢

最近では女性でも管理職に就く人が増えていますし、晩婚化の陰では女性のキャリア化があるとも言われていますが、仕事が大好きすぎて、ついつい仕事の愚痴のような仕事自慢をしてしまう女性がいます。

 

一緒に仕事をしている部下や同僚、上司が仕事ができなくて困るなどの愚痴とも取れる自慢話は、聞いている自分に言われているような錯覚を起こさせる場合もありますので、楽しいお酒の席がしらけることもありますので、注意しましょう。

 

・共通の知り合い・友人・友達などの悪口

人の悪口というのは、女性の間では結束を強めるためについついやってしまいがちですが、男性はその手の連帯感の取り方をあまり好みません。

 

あなたの普段の顔が、いい人であればあるほど裏の顔のギャップを見てしまったような、残念な気持ちになって、百年の恋も冷めてしまうような事態になりかねませんので気を付けましょう。

 

おわりに

 

お酒が入るとどうしても口が軽くなりますし、普段は隠している本音も出やすくなります。ついうっかり口をすべらせて幻滅されないためにも、節度あるお酒を楽しみましょうね♪