MENU

男性から「嫌われる女性」にならないために

気になる相手がいたら何とかアピールをして自分の方を向いてほしいと思い色々と試行錯誤するものです。
しかし相手から「気になる女性」として意識される以前に、人として嫌だな〜と思われることのない様に所作に気を配ることが大事です。
一旦嫌われてしまうと印象をプラスに変えていくのはなかなか難しい作業になってしまいますので、普段の自分の言動に男性から嫌われる要素が無いかどうか一度チェックしてみる事をお勧めします。

 

話す時は相手の目を見る

色々な人と話をしてみると良くわかるのですが、相手の目を見て話す人とそうじゃない人では惹きつける力が全く違うのです。
どういうことかと言うと相手の目を見ないで話す人は、自分の言いたい事を思いのまま自分のペースで話しているので、相手が自分の話に興味を持っているか、つまらないと思っているのか反応がわからないまま一方的に喋る傾向にあります。
顔を見ずに話しているのですから相手のリアクションが掴みづらいのも当然ですよね。互いに話すことに驚いたり共感したりといったコミュニケーションを取るためにはやはり目を見て話さないと、聞いている側としても話のキャッチボールがしづらいですね。
男性からなんだか一方的だなと思われない様にしましょう。

 

表情は人を印象づける

明るい顔、暗い顔、ブスッとした顔と表情は様々ありますが、普段自分がどんな表情で人と喋っているか気にしたことってありますか?
表情が人に与える印象はとても大きくて、いつも暗い顔をしているとなんかいつも地味な感じだなとか、逆に明るい表情なら話しやすそうな人だなといった風に感じるものです。
やはり相手の表情が固いと話をしていても会話は弾みませんね。
もしも自分がいつも冴えない顔をしているのならその原因を考えてみましょう。
今までその人が過ごしてきた生き様が表情にそのまま表れると言われるほどです。
普段の自分を少し見直して毎日を明るくポジティブに過ごす様に心がけるだけで心に余裕ができて随分と表情も明るくなっていくものです。

 

 

感情の出しすぎに注意

人それぞれ性格は色々ですが、感情の起伏があまりにも激しい人は少しコントロールする必要がありますね。
男性と一緒にいる時に機嫌よく過ごしていたけど相手のちょっとした言動に腹をたて、急に態度を変えてそっぽを向くような行動をしてしまったという人は多いかもしれません。
しかしいくら腹が立ったからと言って感情むき出しで相手にぶつかっていってはいけません。
男性は特に自分のペースを乱されるのを嫌いますので、いちいち態度が変わる女性に対しては「もう相手するのが面倒くさい」と思う様になります。

 

 

 

おわりに

こうして見てみると上記に挙げたことは、男性や女性に限らず人として普段から当たり前に気をつけることだと言うことが良くわかります。
人として嫌われないように自分を見つめ直すことが意中の人を振り向かせる近道になるのかも知れません。